胸焼けと妊娠中の胸焼け

胸焼けと妊娠中の胸焼け


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

妊娠中の胸焼けと胸焼けは、妊娠中の女性に非常によく見られる感覚です。これは、子宮の成長が腸と胃の変位を引き起こすために発生します。これはそれを支持します 食物と胃液は食道に戻ります。胃酸は刺激性があるため、喉の領域と胸骨に向かって灼熱感と灼熱感を引き起こします。

胸焼けは妊娠中、最初は体内に存在するプロゲステロンの量が胃腸管を弛緩させ、食物が胃の中をゆっくりと循環し、より重い消化を引き起こすために発生する可能性があります。妊娠の終わりに 子宮の大きさが胃を圧迫します そして食物の逆流を引き起こします。

この胸焼けは 妊娠の最も頻繁な不快感 そしてそれはかなり不快になります、しかしそれは良い点を持っています、食物が消化管でより長いので赤ちゃんはより多くの栄養素を受け取ります。

あなたは妊娠の火傷と一緒に暮らさなければならないので、多くの 症状を緩和するために従うことができるヒント 酸味の感覚を減らします:

-1日5回の少量の食事を作る:朝食、午前中、昼食、軽食、夕食

-食べ物をよく噛む:妊娠中の胸焼けを避けるために、飲み込まないで、飲み込む前によくつぶしてください

-飲まないでください 非常に脂肪の多い食品 過度に辛いまたは強いもの

-がある 胸焼けを引き起こす食品 妊娠中は、揚げ物、ソーセージ、アルコール、ソフトドリンク、ソーセージ、カフェイン入り飲料などを避けてください。あなたの食事療法でいくつかの食物があなたにもっと重い消化を引き起こすことに気づいたら、その消費を減らすようにしてください。

-妊娠中の太りすぎは胃液の逆流を助長するため、通常の体重増加を試みる必要があります。

-試してみてください 食後に移動する または、少なくとも直立した姿勢を保ち、昼寝をしたり、食事の直後に夜寝たりしないでください。妊娠中の胸焼けが促進されます。

-枕を使って寝ると、完全に水平になるのを避けて、体を少し組み込むのに便利です。

-妊娠中は1日2リットルの水を飲むことをお勧めしますが、食事の合間に飲むようにしてください。食事中に水分を過剰に飲まないでください。

あなたはに似た記事をもっと読むことができます 胸焼けと妊娠中の胸焼け、病気のカテゴリで-現場での迷惑。


ビデオ: 歯科 伊奈町 妊娠中 胸焼け (十一月 2022).