授乳中の乳製品の過剰生産

授乳中の乳製品の過剰生産


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

低ガラクティア(母乳の低生産)が比較的頻繁な現象であり、母親に大きな懸念を引き起こすのと同じように、高ガラクティア(母乳の高生産)はあまり知られていない臨床状態であり、ほとんど話題にされていません、科学界の内外の両方。

高ガラクティアとは正確には何ですか?それは母乳育児にどのように影響しますか?

原則として、生産されるミルクの量は、子供からの需要によって決まります。 高ガラクティアでは、需要と供給の間に不均衡があります。したがって、ミルクの生産量は、赤ちゃんによるミルクの需要よりも多くなります。

この生産的な豊かさを引き起こす原因は不明であり、その絵は連続した妊娠で繰り返される傾向があります。

概念的な観点からは、ミルクの過剰生産は良性で取るに足らないように見えるかもしれませんが、それはしばしば子供に症状を引き起こします。最も憂慮すべき症状は、窒息、チアノーゼ(皮膚の青みがかった色)、咳、嘔吐です。また、過敏性があるかもしれません。これらの事実のために、写真はしばしば胃食道逆流症と間違えられます。母親は、胸のうっ血に起因する症状を示しています。

治療の観点から、最も効果的な戦略は次のとおりです。母乳育児の開始時に乳房に「ピンチ効果」を促進し、頻繁な授乳を提供し(子供が非常に空腹になる前に)、必要に応じて時間を止めることができます服用中。

進化は通常好ましいです。母乳育児の約3か月で、母親は通常、プロセスの解決を報告します。

あなたはに似た記事をもっと読むことができます 授乳中の乳製品の過剰生産、オンサイト母乳育児のカテゴリで。