産後貧血を予防する食品

産後貧血を予防する食品


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

女性の生活には、貧血のリスクが大幅に高まる瞬間があります。一方では、月経が始まってから毎月、失血の程度に応じてリスクが高くなります。一方、妊娠中や出産後は失血がかなりの量になるため、鉄分サプリメントが必要になる場合があります。

しかし、出産後に鉄欠乏症になることもあります。ここにこのタイプの貧血についての情報があります。

産後貧血は非常に一般的です、25%以上の母親が出産後に合併症なく苦しんでいます。明らかに、これらの数は、分娩が複雑で、失血が通常よりも多い場合に増加します。産後の鉄欠乏症、その最も頻繁な症状は 過敏性と極度の倦怠感と疲労感は、母乳の生産量に悪影響を与えることに加えて、尿路感染症の増加と産後うつ病のリスクに関連しています。母親の倦怠感は、授乳を成功させるために赤ちゃんを頻繁に乳房に置く代わりに、他の人に頼って彼やいくつかの授乳中のボトルにさえ注意を向ける必要があることを意味するかもしれません。

一部の食品や食事は、気分が良くなり、産後うつ病を回避するのに役立つ可能性があることに留意する必要があります。健康的な脂肪と消化しやすい温かい食べ物 スープ、スープ、シチュー、シチューなど 彼らはこの機能を持っています。

貧血と診断されたかどうかに関係なく、出産後は、出産中に失血した後、半分が空になった状態で、沈着物を埋めるために鉄分が豊富な食品を食べると便利です。これらの食品をビタミンCが豊富な他の食品と組み合わせると、鉄の吸収がより効果的になります。

彼らは鉄分が豊富です:

-体に吸収されやすいヘム鉄の供給源である赤身の肉。

-レンズ豆、豆、大豆などのマメ科植物。

-ほうれん草のようないくつかの緑の葉野菜。

-マグロ、イカ、アサリ、特にカキなどの魚介類。

一方、あります、 鉄分を吸収しにくくする可能性のある食品、これは産後はできるだけ避けるべきです。これらの食品には、次のようなカフェイン入り飲料が含まれます。 コーヒー、お茶、コーラの飲み物、卵、特に卵黄、カルシウムと繊維が豊富な乳製品や食品。ただし、便秘の問題を避けるために産後の期間には食物繊維が推奨されるため、鉄分を含む食品と同じ食事で同時に吸収を妨げる食品を含めるのではなく、少なくとも2つの摂取量を分離することをお勧めします時間。

重症度に応じて、産後貧血の治療、 鉄分サプリメントが必要な場合があります、その場合、それらを推薦するのは医者でなければなりませんが、鉄分が豊富な食事と新しい母親の残りと静けさは、迅速な回復を促進するための便利なツールです。

あなたはに似た記事をもっと読むことができます 産後貧血を予防する食品、サイトの産後のカテゴリで。


ビデオ: מזונות-על סופרפודס - מנקאי, מורינגה, כלורלה וספירולינה - מה נחקר ומה מיותר (十一月 2022).