妊娠する

男の子を妊娠させるのに最適な食べ物

男の子を妊娠させるのに最適な食べ物


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

赤ちゃんの性別を選択できるようになりたいですか?研究者は少年少女の存在を決定するものを見つけるためにますます多くの研究を行っていますが、その素晴らしい瞬間が到来する間、私たちは食事療法があなたの欲望を満たすのに役立つと言うことができます。 これらは男の子と妊娠するのに最適な食べ物です.

ますます、カップルは子供がいる瞬間を人生が軌道に乗っているまで延期します、そしてそれはますます頻繁にあります、それは一般的にストレスに関連する妊娠の困難さ、経済的コストと両親の年齢のために、子供の数は1つまたは2つに制限されています。健康な子供を持つことは、すべての親にとっての優先事項のリストの一番上ですが その唯一の子供、またはカップルを持つ2番目の子供たちの性別を選択できることは、21世紀の課題の1つです。

古くからダイエットは常に脚光を浴びており、科学によって必ずしもサポートされていない品質を与えています。妊娠中、世代から世代へと受け継がれるこれらの推奨事項は、特定の食品の消費を将来の母親に制限するだけでなく、将来の赤ちゃんの性別を選択するときにバランスを変えることができる食事の質にも起因します。それらに真実は何ですか?

何世紀にもわたって生殖の科学が調査され、科学者は遺伝学と親から子供への特性の伝達に魅了されており、20世紀の初めに(特に1905年頃に、他の科学者の間で研究されました) 、北米のネティマリースティーブンスによる)、2つの性染色体XとYの存在。

父親は、XまたはYの2種類の性染色体のいずれか1つを運ぶ2種類の精子を生成します。受精時に、母体の卵子を受精させる精子は、これらの染色体の1つを提供します。母親のX染色体は、赤ちゃんの性別を決定します。

精子の安定性と質に関する研究により、X染色体を提供する精子とY染色体を提供する精子、具体的にはX染色体を提供する精子の間に、赤ちゃんが女性であるために必要な大きな違いが明らかになりました、Y染色体に寄与する精子よりも一般的に遅いですが、耐性があります。男性の妊娠に必要なY染色体に寄与する精子は、最も速いですが、環境の変化に敏感です母体子宮。

精子から卵子への輸送手段である子宮頸管粘液は、一般に濃厚で酸性ですが、排卵が近づくと、それはより流動的でアルカリ性になるように変化し、Y染色体の環境に影響を与えます。酸性環境。文献目録によると、将来の母親の食事療法は、このアルカリ性環境の維持に有利に働き、子の受胎に役立つ精子への道を開きます。

具体的には、将来の母親が従うべき食事療法のガイドラインは、できればシリアルのボウルを含む、おいしい朝食で始まりますが、 牛乳や乳製品の消費を制限する (カルシウム摂取を制限する)。

また、バナナなど 男性の性別選択の重要なミネラルであるカリウムが豊富な食品、ナトリウム中。たとえば、ジャガイモ、インゲン、赤身の肉、ニンジン、マッシュルーム、レタス、オリーブ、柑橘類、またはスイカは、この食事に適しています。また、コールドカット、アンチョビ、ブドウ、イチゴ、リンゴとナシ、スモークサーモン、タマネギ、キャベツも同様です。またはシーフード全般。

また、将来の母親がカロリーを数えることを避けることを強くお勧めします低カロリーの食事はその目的に反し、脂肪が豊富な食事(もちろん健康な食事)を好み、複雑な炭水化物はそれほど多くないからです。また、全粒穀物や種子など、マグネシウムが豊富な食品は制限する必要があります。

不思議なことに、 父親はまた、男性の子供の概念を助けることができます、コーヒーやコーラ飲料などのより酸性の傾向のある食品や、受胎の少なくとも4週間前にカルシウムが豊富な食品を消費する。

同様の記事をもっと読むことができます 男の子を妊娠させるのに最適な食べ物、サイトで妊娠するというカテゴリー。


ビデオ: 哺乳瓶を嫌がる理由と対処法 (十一月 2022).